薫東庵サイト管理者の紹介と活動

薫東庵
薫東庵コンテンツ

各コンテンツは、タイトルをクリックすると出てきます。再度クリックして頂くと、閉じます。

中国茶の楽しみ方
湯浅 薫(ゆあさ かおる)プロフィール

湯浅薫 写真1946年徳島県生まれ。
阪南大学・村上学園評議員、事務長および大阪私学経営者協議会役員などを歴任。
1986年4月茶文化の研究を独学で始める。
1996年12月に中国留学生の自宅で飲んだ中国茶に目覚める。
それは全く未知との香りと味との出会いで、日本茶とは違う天にも昇る爽快な気分を味わい、以後、すっかり中国茶の魅力にはまる。今後さらに中国茶の真のすばらしさを研究し探求しようと取り組む。

2006年3月に学校法人を退職し「茶文化」の研究に専念する。2014年にダージリン茶産地視察に参加することで本場紅茶の素晴らしさを体感し紅茶に心酔する。中国茶と日本茶の正しい理解と普及の取り組みに紅茶を加え情報発信のため「薫東庵」を主宰するほか、講演、執筆、論文、著作「基礎知識から茶藝師資格まで…もっと知りたい中国茶の世界」を出版。引き続き第二弾「中国茶浪漫紀行」を出版。テレビにも出演。

  1. 茶文化研究家
  2. 中国国際茶文化研究会栄誉理事
  3. マカイバリ茶園親善大使(ダージリン・インド)
  4. 日本中国茶芸師協会理事
  5. 中国茶葉学会会員・上海市茶葉学会会員
  6. 関西学院大学KGゼミ講師
  7. 中国政府公認資格高級茶芸師・評茶員・制茶師
  8. 中国国際茶文化研究会認定中国茶文化講師
  9. 日本茶インストラクター協会奈良県支部支部長(日本茶インストラクター・リーダー)
  10. 日本紅茶協会認定ティーアドバイザー
  11. 奈良手もみ茶振興会会員